トップページ

    このサイトではダッジの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ダッジの買取相場をチェックして高い金額で買取をしてくれる車買取店に売りたい!」と思っているならこのページで紹介しているオススメの車買取業者を利用してみてください。

    クライスラーのダッジを高く買い取ってもらうために必要なことは「何社かの車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合はどう考えても損をするので注意してください。

    車買取の一括査定なら2分位で入力できるので簡単です。複数の車買取店からの査定額を比較することができるので、ダッジ(Dodge)の買取値段の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為の無料の一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心感が違います。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な加盟数!最大で50社にダッジの買取査定の依頼をしてもらえます。

    中古車一括サービスは申し込むと多数の車買取会社から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話での連絡はありません。
    しかも、全国対応で使うのはタダ。

    「アメ車のダッジを高く売りたいから買取相場を調べたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで査定額が分かるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが今乗っているダッジの買取相場分かりますし、個人情報が送信されない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までなかった画期的なサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで買取価格を入札していくので、アメ車のダッジを高く買い取ってくれる車の買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用してすぐに多くの会社から見積りの電話がかかってくるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1本のみなので、電話対応に追われることもありませんし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    ダッジの実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    電話も査定も1回のみで買取業者の約2000社が買取価格を入札していくという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車買取の一括サイトです。わずか45秒もあれば入力ができますし、申し込みと同時に中古車の買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちのダッジの買取相場が知りたい」ということであれば利用をおすすめします。

    依頼申し込み後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、日本自動車流通研究所の審査を通った厳選された業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取業者から電話連絡があった際は1社で決めてしまうことはせずに、複数の業者に査定を依頼することで数年落ちのダッジでも高価買取の可能性が高くなります。

    約10社の買取業者がダッジの見積もりをしてくれるので、納得できる価格を提示してくれた会社にあなたが大切に乗ってきたダッジを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の概算価格が表示される数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携企業は約200社以上、最大で10業者がアメリカ車のダッジの査定額を出してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定額を出してもらうことで買取金額の違いや相性を比較することができるので、いつくかの車買取業者にお願いしてアメ車のダッジを少しでも高く売りましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートもありますので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名称から分かる通り外車に特化した中古車買取の専門店。
    外車や輸入車に特化して15年以上の実績があり、年間の取扱車両は外車・輸入車だけで約1500台。全国に対応していて出張査定の費用はかかりません。

    外車王は外車に特化した中古車の買取業者なので、アメリカ車のダッジを売るなら他の買取店より高く売ることができることも多いです。
    そういうことから、アメ車のダッジであれば最初にランキング上位の車買取の一括査定サービスを使って買取金額を比較してみてください。

    複数の買取店に見てもらった後で、最終的に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高い買取金額を出してくれた時にはあなたが大切にしてきたダッジを売却しましょう。







    インターネットを通じて中古車一括査定を実施したいが、個人の名前などはできるだけ記入したくないという時には無記名で査定できるサイトを利用するという方法があるのでこれを活用しましょう。

    ただ、名前を記載せずに利用できるのは無料査定までの話です。

    査定スタッフに車を見積もってもらう際や、売るときには、個人情報を隠して取り引きすることはできません。

    中古車買取業者は「古物営業法」に基づいて、取り引きをした相手の名前や住所などの情報を記載しておく義務が発生するからです。

    中古車の買取業者が見積もりの際にチェックする項目と言えば、大雑把に分類すると車体の色や車種などの基本的なスペック、総走行距離数および外装の傷の有無(ナンバープレートも含む)、車体内部の汚れや臭いがあるかどうか、故障や事故などがあったかどうかの確認等があります。

    これらのチェック項目に引っ掛かるものがあったら減額していって、査定アップする場合としては、たとえば最新式のオーディオやカーナビなどが付いている場合です。

    今現在の相場価格を考慮して以上の結果を総合して、売却希望者に査定額が提示されるのです。

    知っておいて損はないでしょうが、中古車買取の市場においては、業界大手の会社と中から小規模の会社では車を査定するときのスタンスが異なっているという点が挙げられるでしょう。

    お金を沢山持っているし、専用の販売ルートもある大手の場合は、中古車を積極的に買い取るのです。

    しかしながら、会社内で取り決められた基準から外れた価格で買い取ることは不可能で、提示された価格に対して交渉できる可能性はあまりありません。

    その一方で、中小の買い取り店舗は一車種毎にオークションで販売していく方式をとることがほとんどのため、その車を査定した従業員の判断に任される部分が大きいので、これはイケるだろうと思ってもらえれば一般的な相場の金額よりも高く評価してもらえる場合もあるでしょう。

    査定士が実車を査定するときは所有者が立ち会う必要があるなどとする規定は聞いたことがありませんが、いなかったがために起こりうる不快なトラブルを回避すべく、夜間査定に対応する業者を探すなどして、所有者本人が査定に立ち会うべきです。

    今どき悪徳業者なんていないと思うかもしれませんが、悪質な例では、人が見ていないのを幸いとばかりにわざと車体に傷を作るといった違法な手法で少しでも買取価格を安くあげようとすることもあります。

    なるべく多くの会社から見積りをとって比較するのは、高額査定を引き出すコツと言われています。

    とはいうものの、何社以上なら絶対に良いなどという基準はなく、一概には言えないところがあります。

    一社にしないで複数の買取業者に見積もらせる意義は何かというと、相場を知って買い叩きを回避するためと、他にも競争相手がいるということで全体的に査定額が高くなることを期待したものです。

    そこさえ押さえておけば、2、3社でも十数社でも実質変わらないということになります。

    車検に通る程度の改造を施した車は、中古車の査定ではどうなるのかというと、状態やニーズ次第です。

    仮に改造に使ったパーツが売れ筋商品であれば評価としては若干プラスになるかもしれません。

    但し、肝心のパーツが傷んでいたりすると中古車市場に出す前に業者が補修する必要があるので、減点は避けられません。

    それとは別に、ユニークすぎるものも買い手がつきにくいので、マイナス要素になりえます。

    そのような結果にならないよう、査定時には車はノーマルに戻しておき、まだ需要がありそうなパーツならそれだけを売る方が金銭的にはオトクです。

    自動車税というものは、毎年4月1日の時点でその車を所有している人に1年分が請求されます。

    でも、車を売却する際には、税金の残っている月数分に相当する金額が見積もりに上乗せされるようになっているので、損したと思うようなことはないのです。

    自動車税は戻って来ますが、自動車重量税は廃車にする場合を除いて還付されるようなことはありません。

    しかし、還付される決まりはなくても、支払い月数分の残りをプラス査定してくれるケースもあるのです。

    この点に関しては自動車買取会社と交渉することでプラス査定に持っていける可能性があります。

    愛車を売却したときにその場でお金を持って帰りたいときには、売ったお金を即金で受け渡し可能なところをあたると良いでしょう。

    即金対応可能と謳っていなくても、中には相談すれば即金対応してくれるところもあります。

    しかし、即金対応をお願いすると、査定額が少々低めに提示されても致し方ないかもしれませんね。

    即金対応を重要視するのか少しでも高く売るか、自分が望むのはどちらか良く判断して、幾らかでも高く査定してもらいたいならばすぐに現金で持ち帰ることばかりこだわるのは良くありません。

    車の売却をするうえで、車検の有効期間が丸々残っているような場合には、査定時にプラス評価が付きます。

    そうは言っても残り期間が1年以下だと評価は少なくなっていき、車検有効期間が数ヶ月しか残っていないともはやプラス査定の材料にはならなくなります。

    そうはいっても、見積金額を高くしようと考えて自動車を売る前に車検をすることは無意味といって良いでしょう。

    たとえ車検の有効期限がフルで残っているような場合でも、車検にかかる総費用分以上に査定金額の上乗せはないからです。