トップページ

    このサイトではダッジの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ダッジの買取相場をチェックして高い金額で買取をしてくれる車買取店に売りたい!」と思っているならこのページで紹介しているオススメの車買取業者を利用してみてください。

    クライスラーのダッジを高く買い取ってもらうために必要なことは「何社かの車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合はどう考えても損をするので注意してください。

    車買取の一括査定なら2分位で入力できるので簡単です。複数の車買取店からの査定額を比較することができるので、ダッジ(Dodge)の買取値段の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為の無料の一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心感が違います。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な加盟数!最大で50社にダッジの買取査定の依頼をしてもらえます。

    中古車一括サービスは申し込むと多数の車買取会社から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話での連絡はありません。
    しかも、全国対応で使うのはタダ。

    「アメ車のダッジを高く売りたいから買取相場を調べたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで査定額が分かるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが今乗っているダッジの買取相場分かりますし、個人情報が送信されない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までなかった画期的なサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで買取価格を入札していくので、アメ車のダッジを高く買い取ってくれる車の買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用してすぐに多くの会社から見積りの電話がかかってくるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1本のみなので、電話対応に追われることもありませんし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    ダッジの実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    電話も査定も1回のみで買取業者の約2000社が買取価格を入札していくという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車買取の一括サイトです。わずか45秒もあれば入力ができますし、申し込みと同時に中古車の買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちのダッジの買取相場が知りたい」ということであれば利用をおすすめします。

    依頼申し込み後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、日本自動車流通研究所の審査を通った厳選された業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取業者から電話連絡があった際は1社で決めてしまうことはせずに、複数の業者に査定を依頼することで数年落ちのダッジでも高価買取の可能性が高くなります。

    約10社の買取業者がダッジの見積もりをしてくれるので、納得できる価格を提示してくれた会社にあなたが大切に乗ってきたダッジを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の概算価格が表示される数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携企業は約200社以上、最大で10業者がアメリカ車のダッジの査定額を出してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定額を出してもらうことで買取金額の違いや相性を比較することができるので、いつくかの車買取業者にお願いしてアメ車のダッジを少しでも高く売りましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートもありますので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名称から分かる通り外車に特化した中古車買取の専門店。
    外車や輸入車に特化して15年以上の実績があり、年間の取扱車両は外車・輸入車だけで約1500台。全国に対応していて出張査定の費用はかかりません。

    外車王は外車に特化した中古車の買取業者なので、アメリカ車のダッジを売るなら他の買取店より高く売ることができることも多いです。
    そういうことから、アメ車のダッジであれば最初にランキング上位の車買取の一括査定サービスを使って買取金額を比較してみてください。

    複数の買取店に見てもらった後で、最終的に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高い買取金額を出してくれた時にはあなたが大切にしてきたダッジを売却しましょう。







    中古車の査定額の基準はいろいろあります。

    その中でも、走行距離数は大変大きく査定額に影響します。

    基本的には、その車の走行距離が長くなるにつれて査定金額は低下していくのです。

    距離数が5万キロメートル以上走っている車に関しては多走行車と言われていて、マイナス査定に影響する結果となる場合が多いです。

    10万キロメートル以上の車に関しては「過走行車」と呼ばれて、全く査定金額が出ない場合もあるのです。

    「修理歴車」は通常、事故車と呼ばれていますが、査定時に大きく減額されてしまう要因の一つになるのです。

    そうは言っても、過去に修理したことがある車がすべて同じように修理歴車になるわけではないのです。

    車のいわゆる骨格に相当する部分にまで修理が及んでいなければ、車体の傷やへこみを板金塗装したりドア交換したりしても修理歴車とは呼ばないのです。

    しかし、修理歴車という扱いは受けずとも、修理した痕跡がある車については査定時に減額されることが多いと覚えておきましょう。

    買取のお店に行く暇がなかったとしても、車の査定をネット上で可能なサイトは数え切れないほどあるといって良いでしょう。

    細かな具体的な見積金額に関しては査定担当者が実際に中古車を見てみないと一口では計算できないでしょうが、一気に山のような業者の見積もりをとってくることが可能なので、今の時点で自分の車が概算で幾らぐらいするかが分かります。

    それから、極端に相場と違う価格を付けてくる店舗を除外して、その他の店舗で実際に売ることができるので有益だと言えるでしょう。

    トラックや営業車は別として、個人所有の普通車の1年間の走行キロ数は、普通、10000kmが目安と言われます。

    そしてその5倍の5万キロという総走行距離の車は業界では多走行車と呼ばれ、業者が査定をする際もそこは減点対象にしますし、いわゆる過走行車(総走行距離10万km以上)までいってしまうと査定額は限りなくゼロに近づいてしまいます。

    その一方で、走行距離が短い車というのも問題です。

    マシンの状態を正常に保つにはある程度の駆動が必要で、年式に比して走行距離が極めて少なかったりすると、機構の状態がむしろ悪くなり、思わぬところが故障していることも充分考えられるからです。

    ある程度を超えて走行した車というものは、業者の査定ではマイナスとなります。

    基準としては5万km以上を多走行車といい、車の状態はどうあれ減点となります。

    そしてさらにその上をいく過走行車は走行キロ数10万以上で、ほとんどの業者はゼロ円を提示してくるでしょう。

    とは言うものの全くの無価値だとか売れないといったことをここで書くつもりはありません。

    過(多)走行車や事故車などを扱う専門業者でしたら、使えるパーツ単位で計算してけしてゼロ円などという結果にはなりません。

    自動車は国の検査と登録を経て初めて車検証が交付されます。

    そしてそれを基準に何年落ちといった言い方をするものです。

    よく混同しやすいのですが、製造年ではなくその車が初めて登録された年数ですから間違えないようにしましょう。

    当然ながら年数が多ければ多いほど安く査定されるため、たとえば10年落ちに近づいてくると減額査定も著しく、非常な安値で取り引きされます。

    売っても儲けは僅かでしょうが、裏を返せば、買う人からすれば状態次第ではそうした車は宝の山とも言えます。

    大きな契約の時には特に、充分な注意力を払っているでしょうがそれでもなお、事前に予測できないいざこざに遭遇してしまうケースがあるのです。

    車を売るときにたまに見かけるケースとしては、売却成立後に何か問題点が見つかったので買取金額から差し引く場合があります。

    売却する際に売り手側が事故歴などを隠蔽していたのならば売却する方に責任があるでしょう。

    わざと隠し立てしていたりしなければ、見積もり時に見落とした方が悪いので、後から何か言われても了承する必要はないのです。

    自分とかなり親しい友達が愛車を購入したいと言ってきたときなどは、料金の支払いに関する約束などがなあなあになりやすいので注意しましょう。

    本来自動車の売買は大きなお金を伴うことです。

    たとえどんなに親しくしている友人だったとしても、じっさいにいくらで車を売るか、支払い方法や期限はどうするか、名義変更はいつまでに行うかなど、大切な項目だけでもしっかり念書に残して双方で保管するなどしましょう。

    念書に残すのを嫌がる相手では、いくら親しい友人でも後からトラブルが起きる可能性が高いので、いい加減な気持ちで売買するのはやめるべきです。

    買取店に車を売却する前にしておくべきことは、机上調査と実地チェックがあげられます。

    つまり、とりあえずするべきなのは相場の机上調査です。

    これはネット一括査定などを利用すれば簡単です。

    市場価値を知らないと、明らかに損な価格で売却する場合もありえるからです。

    それからもう一つ欠かせないのは車の内側と外側の掃除です。

    ボディは埃を落とす程度に洗車してあればOKですが、車内は今までにないほど丁寧に掃除しておきたいです。

    内装に付着しているニオイのもとをとっておかないと、査定で減点されるのは間違いありません。